ゴシップガガ

芸能人や有名人のスキャンダルを週刊誌情報を元にぶった斬り

【YouTube】自民党・豊田真由子の暴言がヒドすぎるwww【週刊新潮】

埼玉県と言えば、意外と自民党が強い土地柄として知られています。2014年の衆議院選挙では自民党以外が勝利した選挙区はわずか15選挙区中3つのみ。それだけ埼玉県の有権者は自民党に投票してしまってるらしい。

埼玉4区 選挙結果 wikipedia 豊田真由子
(wikipedia)
その中でも埼玉4区は豊田真由子という自民党議員が二回連続で当選中。いわゆる第2次安倍政権が発足して以降に当選した国会議員ということで、豊田真由子は「安倍チルドレン」と呼ばれることもあります。

自民党 豊田真由子 暴言女 週刊新潮 6月29日号
(週刊新潮6月29日号)
ただ、この自民党・豊田真由子が大スキャンダル。最近頑張ってる週刊新潮がスクープしたんですが、豊田真由子が自らの政策秘書に対して散々暴言を吐き捨て、挙句の果てに暴行も働いた疑惑が取り沙汰されてる。

週刊新潮が最初に報じた時、豊田真由子が女性ということもあって「被害者側」なのかと思いきや、実はとんでもない「加害者」だったことに驚きました。そこで今回は週刊新潮さんが報じた豊田真由子の暴言集をまとめてみました。続きを読む

【偽ヤンキー】自民党・義家弘介、国旗国歌否定の過去

最近、安倍政権を苦しめている問題と言えば、加計学園グループの獣医学部問題。お友達である加計学園の総裁・加計孝太郎に対して、安倍晋三が便宜供与を図ったとされる。そこで文部科学省が反旗を翻して、安倍晋三の悪事を暴露したのは記憶に新しいです。

義家弘介 公式サイト
(義家弘介 公式サイト)
そこで文部科学省の副大臣だった自民党・義家弘介(神奈川16区)が「リークしたアホを処分します」と言ったことで更に炎上。公式サイトにある「優しい」という文言が笑ってしまいます。

この義家弘介(神奈川16区)といえば元ヤンキー。『ヤンキー母校に帰る』といったドラマのモチーフとなった存在としても知られています。まさに義家弘介のヤンキー気質が発揮されたとも言える事件。

この義家弘介はやはり安倍晋三と距離が近い自民党議員としても知られており、清和会グループにも入ってる。いわゆる保守政治家と位置付けられており、「日教組は敵」という内容の本を出版するなどいかにもネトウヨなどが好きそうな発言をしがちな自民党政治家。

週刊文春6月29日号2
(週刊文春6月29日号)
ただ実は義家弘介(神奈川16区)はかつて北海道教職員組合に在籍し、そこで「国旗国歌法」に対して反対してた。しかも共産党の機関誌である赤旗のインタビューにも答えて、「一部のおとなの都合で法律を変え、子どもたちの未来をおとなが勝手につくりかえるのは許されない」と痛烈に批判してたwww
続きを読む

【一年ぶり】HUNTERxHUNTER最新34巻が6月26日に発売へ!!

誰もがおすすめの面白いバトル漫画ランキングに上位に位置するバトルマンガといえば、やはり俺達の冨樫義博が執筆する『HUNTERXHUNTER』。

しかしいかんせん冨樫義博の怠け癖があるのか、本当に腰の病気なのかは図りかねますが、とにかく休載期間が長い。その分だけ、やはり新刊コミックが発売されるのも遅い。詳細は『HUNTERXHUNTER』の休載期間ってめっちゃ長くね?(ドル漫)を御覧ください。

ただこの度、『HUNTERXHUNTER』最新34巻が発売されることが決定。既に別ブログで【祝】ハンターハンター34巻が発売へ!という記事も参照してほしいんですが、最新34巻の発売日は今年2017年6月26日。つまりは今月。というか、もうすぐ。やったね!トガっちゃん!

この34巻の内容はあのヒソカとクロロがバトっちゃうという内容。残念ながら『HUNTER x HUNTER』本体の休載は続くっぽいですが、この最新34巻のレビューは人気マンガ考察ブログ・ドル漫でネタバレ感想を書きたいと思います。

ガリガリガリクソン容疑者の愛車は何?

つい先日、吉本興業のお笑い芸人・ガリガリガリクソンが飲酒運転の容疑で逮捕されました。ガリガリガリクソンはほとんど酩酊状態で、自分が運転したことすら覚えていないレベルだったとのこと。芸風が芸風なだけにリアルの生活でも破天荒だったことに対して批判もあったとか。

そこで個人的に気になるのが、ガリガリガリクソンはどういった車種に乗っていたのか。要するにガリガリガリクソンの愛車は何だったのかということ。何故ならクルマ情報ブログ「くるまン。」を運営してるだけあって、どうしてもこういうしょうもない愛車情報などは気になります。


ガリガリガリクソンの愛車は黒のプリウス


黒のプリウス
出し惜しみしても仕方ないのでサクッと書いてしまうと、ガリガリガリクソンの愛車は黒のプリウス。画像はプリウスの公式画像。ガリガリガリクソンとは一切関係ありません。

証拠画像は残念ながら自分は持っていませんが、ガリガリガリクソンの飲酒で乗り捨てた愛車がレッカー移動されてる瞬間の映像を見ると、それが黒のプリウスでした。ただし新型プリウスではなく、先代プリウス。もしかすると中古車なのかも知れない。

だから何だという記事でしかありませんが、新型プリウスとスバル・インプレッサの比較記事新型プリウスと新型プリウスPHVの比較記事も執筆済みなので、ガリガリガリクソンに興味はなくてもプリウスに興味がある方はあとで是非チェックしてみてください。

ちなみに新型プリウスPHVの価格情報もまとめたことがありますが、あくまでノーマルプリウスとプリウスPHVは別個の車種になります。あとガリガリガリクソンとジャックニコルソンも別人です。

【写真あり】仲里依紗の愛車カマロがイカツすぎるwww

女優の仲里依紗といえば、いまいち読み方が分からない女優ランキング上位として知られています。正確な読み方は「なか・りいさ」であり、決して「なかざと・いさ」とかではありません。

仲里依紗は現在27歳とそこそこ若いですが、既に俳優・中尾明慶と結婚して3歳か4歳のお子さんがいるらしい。つまりは人妻女優…と表現するといやらしい匂いしかしませんが、いわゆるお母さん・ママさん。おすすめ人気ミニバンランキングという記事も書きましたが、一般的には家庭を持つとミニバンのような車種を購入する方が多い。

仲里依紗 愛車 カマロ フライデー5月26日号
(フライデー5月26日号 島楓太)
ただ仲里依紗の愛車が、まさかのシボレー・カマロ。いわゆるアメ車。しかも、かなりイカついタイプのアメ車。

何と言っても、このカメラマンの構図が最高。カマロの目つきの鋭さと、仲里依紗の目の鋭さが見事に共鳴。もし町中でカマロに乗った仲里依紗を見かけたら、思わず目を逸してしまいそう。隣にメンチ切った中尾明慶が乗ってたらきっとオシッコちびるに違いない。続きを読む

【熱愛】俺たちの石原さとみ、ジャニ山下と半同棲状態で結婚へ?【フライデー】

石原さとみ プリウスPHV
石原さとみと言えばクチビルですが、最近はトヨタのプラグインハイブリッド車・プリウスPHVのCMにも出演しています。石原さとみのVサインは、プリウスPHVの「V」だと推察されます。

自動車人気ブログ【くるまン。】では新型プリウスPHVの試乗インプレッションという記事はまとめ済み。他にも新型プリウスPHVとノーマルプリウスの違い新型プリウスPHV vs ゴルフGTEという比較記事もアップロード済み。

石原さとみ 山下智久 半同棲 フライデー5月26日号
(フライデー5月26日号)
ただ石原さとみも今年でもう30歳。だからというわけでもありませんが、ジャニーズの山下智久(通称おマンP…ではなく山P)と半同棲状態らしい。いわゆる熱愛。くそぅ、俺達の石原さとみがジャニーズにまたしても奪われたというお話です。
続きを読む

【レイプ】TBS・山口敬之、安倍総理の忖度で強姦容疑をもみ消させる【お友達特権】

つい先日、韓国の大統領選挙が行われました。そこでムン・ジェインという左派系のオジサンが勝利しました。主な理由は、パククネを退陣に追い込んだリーダー的存在だからとのこと。

日本と韓国といえば「慰安婦問題」が横たわっています。かつて日本軍が朝鮮半島の女性を性奴隷のように扱った歴史に関する扱い。そこで2015年に安倍総理は「日韓合意」を結んで、法的な問題は解決したと「口頭のみ」で約束しました。

ただ日本側の明確な謝罪がない or 正式な文書ではないなどを理由に、韓国側は日本と新たな合意を結ぼうとしているとのこと。確かにそれらを怠った安倍総理側にも落ち度があり、日本側が中途半端に譲歩した以上でも以下でもなかった無意味な合意だったかも知れません。

この慰安婦問題に関して、2015年に週刊文春で「ベトナム戦争時に韓国軍が売春宿を運営していた」と発表したのが山口敬之(やまぐち・のりゆき)というジャーナリスト。TBSテレビ報道局ワシントン支局長に勤めていた山口敬之は、そのときにアメリカの国立公文書館で資料を発見し、記事にした。

内容を読むとどうやら「韓国も同じことをやっていたではないか」と山口敬之の記事では言いたげで、論調的にはネトウヨブログそのものでした。何故そこをピンポイントに取材したのかも含めて、ややもすれば唐突感がありました。

この山口敬之は最近はテレビに出演する機会も増え、安倍総理擁護が目立つジャーナリストとして知られています。特に森友学園問題では、何故か発狂気味に安倍政権を擁護してたことは記憶にあたらしいです。

山口敬之 レイプ 週刊新潮2017年5月18日号1
(週刊新潮5月18日号 dマガジン)
ただ週刊新潮によると、この山口敬之がワシントン支局長時代に女性をレイプしたとのこと。しかも、なおかつ安倍総理のお抱えジャーナリストということもあって、警察関係者が山口敬之の事件をもみ消したとのこと。

少し前置きが長くなりましたが、もし週刊新潮の記事が事実であれば、遠回しに安倍総理が山口敬之のレイプ事件をもみ消したということになります。まさに森友学園問題を地で行くような「忖度(そんたく)」。何故山口敬之がああいう慰安婦記事を書いたのかも含めて、いろいろと合点がいきます。続きを読む

新ブログを立ち上げました

管理人・ドルジ露瓶尊は今まで自動車ブログ「くるまン。」など複数のブログを運営してきました。ただ、どのブログもいわゆる「無料ブログ」と呼ばれるサービス。タダでブログを立ち上げることはできるけども、様々な制約や制限がある。ことライブドアに至ってはスマホ広告がべったべた。

そこでドルジ露瓶尊は初めて独自ドメインを取得して、「ドル漫」というマンガサイトを新たに立ち上げました。タイトルはその名の通り、「ドルジ露瓶尊の漫画ブログ」の略。我ながら嬉し恥ずかしなんとやら。

ちなみにエックスサーバーという有料のレンタルサーバーサービスを利用してます。ぶっちゃけ強固なサーバーを利用するには月1万円ぐらい必要なのかと思ったら、月1000円程度で一日6万7万ぐらいのアクセスには耐えられるらしい。無料ブログやる意味ないやん、と思わず外に向かって叫びそうになりました。

既にオススメのランキング記事は何個かアップロード済み。例えばオススメグルメマンガオススメスポーツマンガオススメホラーマンガオススメ格闘マンガなど主におすすめランキングに関する記事。今後もできるだけ速やかに目ぼしいジャンルのおすすめランキングを書いていきたいと思います。

あとはライブドアで運営しているバズマン。FC2で運営しているすごないマンガがすごい!の漫画記事をちょこちょこと移動させていきたいと思います。個人的に痛いのが、無料ブログだと記事中にアドセンスが貼れないこと。他にも関連記事を設定できないなどデメリットが多すぎるので、ガチで「ドル漫」に漫画記事を集約させていくつもり。

とはいえなかなか移行作業は進まず。本当にこういう作業を誰かに頼めたら楽なんですが一人で運営してるデメリットや限界をつい考えてしまいます。

【引退】浅田真央に国民栄誉賞を与えるべきか?

フィギュアスケーターの浅田真央選手(以下敬称略)が今日2017年4月12日に正式に引退を発表されました。まさかの電撃引退。そして26歳での引退は正直早いなぁと、国民の誰しもが思ったことでしょう。

しかしながら浅田真央の左膝痛は極限状態だったらしく、振り返ってみても最近はあまり芳しい成績を残せてなかった印象。来年2018年に韓国平昌オリンピックも迫っていますが、そこを待たずして引退を発表したのは浅田真央にとってかなり重大な決断だったことは言うまでもないか。

それでも浅田真央が日本国内に残したインパクトや印象は強烈。そこで一部のネット界隈やマスコミ界隈では「浅田真央に国民栄誉賞を与えよう」という声もあるらしい。ただ個人的にはやや微妙。正直「そうだよね!」と快諾できる気持ちにはなれなかった。続きを読む

【2017】次の衆議院選挙の当落予想まとめ【解散総選挙】

週刊朝日12月23日号1
(週刊朝日12月23日号)
週刊朝日が次の衆院選(第48回衆議院選挙)の当落予想を立ててたので、自分なりの考察も交えて分析したいと思います。
続きを読む