ゴシップガガ

芸能人や有名人のスキャンダルを週刊誌情報を元にぶった斬り

2016年07月

【悲報】aikoの私服がダサすぎて「ヨーダ」みたいとディスられる【フライデー】

aiko ヨーダ フライデー8月12日号 山田宏次朗
(8月12日号 dマガジン 撮影 山田宏次朗)
7月下旬の夜7時頃、歌手のaikoがコンビニでソフトクリームをお買い物してる光景をフライデー(山田宏次朗)がパシャられたらしい。ポンチョみたいな服装だと思うんですが、おそらくaikoの身長とサイズ感が超絶的に合ってなくてダボダボな印象。マンガのキャラクターだったら割りと戦闘力が高そう。

フライデーからは思わず「スターウォーズのヨーダのような摩訶不思議ファッション」とディスられる。確かに男目線でコレはないかも。記者が女性だったら、どういった表現になったか気になるところ。ただそれにしても「左手にライトセーバーならぬソフトクリームを手にして(略」って、さすがに無理やりスターウォーズと絡めすぎ(笑)

そういえばaikoは星野源というアーティストくずれのブサメンと付き合っていたらしい。でも星野源は女優・二階堂ふみと熱愛が発覚したことで、aikoは結果的に別れを告げたそう。aikoの年齢もフライデーの記事を読むと、もう40歳。ゴリゴリのBBAですやん…それで自分の半分以下の年齢の女の子に彼氏取られるとか(´;ω;`)ブワッ

なるほど、このaikoの姿は『シスの復讐』ならぬ『女子の復讐』のため修行の旅に出ようとしている直前に違いない。

ネトウヨ 慰安婦裁判でやっぱり朝日新聞に敗訴するの巻【恫喝訴訟】

2015年に朝日新聞が従軍慰安婦に関する一部報道で誤報を認めて謝罪した出来事は記憶に新しいです。こぞってネトウヨは勝利宣言。歓喜に湧きました。そこで上智大学名誉教授の渡部昇一や拓殖大学客員教授の藤岡信勝などが主体となって、朝日新聞に対して「名誉毀損」による損害賠償訴訟を起こしました。また何故かネトウヨなど仲間を募って合計で2万5千人ほど集まったらしい。

ネトウヨ朝日慰安婦裁判 惨敗敗訴 産経新聞7月29日号1
(産経新聞7月29日)
その判決が東京地裁で7月28日に出されました。結果はもちろん朝日新聞側の勝訴。案の定、集団提訴を起こしたネトウヨさんたちは惨敗。産経新聞も歯ぎしりしながら記事を書いたことでしょう。安倍総理が韓国の従軍慰安に10億円の税金を差し上げたことを含めて、一体ネトウヨは何連敗中なんでしょうか?(笑)
続きを読む

【文春】おときた駿 レイフ゜疑惑をすっぱ抜かれる!娘も家族もいるのに評判は大丈夫?

おそらく新しい都知事になるであろう小池百合子が絶賛しているのが、都議会議員の音喜多駿(おときた駿)。唯一の武器は「ブログ」という方。年齢も若くて現在32歳。今年で33歳になるらしく、現在は先頭に立って小池百合子候補を応援中。

おときた駿 強姦疑惑 週刊文春8月4日号
(週刊文春8月4日号)
ただ高級ブランド・ルイヴィトングループで働いていた当時、おときた駿は飲み会で知り合った女性に対して強姦まがいのことをした過去があるらしい。
続きを読む

鳥越俊太郎「バージンは病気」発言は事実か?【週刊新潮】

週刊文春7月28日号に鳥越俊太郎の女性問題が取り上げられました。その時に鳥越俊太郎は「バージンは病気」という発言をしたらしい。一部のインターネット(というかネトウヨの巣「2ch」)では大盛り上がり。

鳥越俊太郎 週刊新潮8月4日号
(週刊新潮8月4日号)
ただ当時取材していた週刊新潮によると、どうやら事実無根らしい。続きを読む

相模原 津久井やまゆり園事件の犯人の手紙がヤバすぎる

2016年7月26日、午前2時。神奈川県相模原市にある「津久井やまゆり園」という重度の障害者の方が入院している施設で凄惨な事件が発生。総勢19名の方が亡くなりました。地下鉄サリン事件の被害者数も上回ったらしい。犯人は、この施設で働いていた元職員の植松聖(うえまつ・さとし)。26歳。

相模原やまゆり園事件犯人の手紙がヤバすぎる
(産経新聞7月27日)
この犯人が衆議院議長・大島理森(自民党)に宛てた手紙がヤバすぎた。
続きを読む

オンライン動画配信サービス おすすめ比較まとめ一覧【口コミ 評判 評価】

最近のテレビ番組はつまらないらしく、どんどん視聴率が下落傾向。一昔前では20%を超えていた日本テレビ系『イッテQ』の視聴率は最近では散々らしい。

そこで注目されているのがオンライン・オンデマンドの「動画配信サービス」。最近では50以上の定額制サービスがあるとかないとか。既にWOWOWやスカパー!がありますが、初心者には少しハードルが高い。

最近発売の女性自身8月2日号に「おすすめのオンライン動画配信サービス」という比較記事が載っていたので、自分の考察も交えて改めてまとめ直してみた。
続きを読む

【悲報】田母神被告 ネトウヨビジネスだったとついに白状する

現在舛添要一の辞任に伴う都知事選挙がまっただ中ですが、2014年にも都知事選挙が行われました。その時に石原慎太郎や百田尚樹、マイナーどころではYouTuberのKAZUYAなどにも応援されて出馬した、田母神俊雄という元航空幕僚長がいたことは記憶に新しいです。

「日本人のための政治」など勇ましい主張に愛国者のネトウヨは大絶賛。石原慎太郎のお株を奪う「閣下」と呼ばれていました。そして色んな著名人(著迷人?)の応援もあって、2014年の都知事選挙では60万票ぐらいの得票数があったらしい。選挙資金のための寄付も1億円を突破。

ただ運動員に報酬を払ったことが買収とみなされ、田母神俊雄は公職選挙法違反で現在裁判まっただ中。そこで田母神被告は無罪を主張するため「ネトウヨビジネスやってただけだし…」とついに自白したらしい(笑)
続きを読む

ハンカチ斎藤が貰ったポルシェ マカンはどんなクルマ?

ハンカチ斎藤 週刊文春7月21日号1
(週刊文春 7月21日号 dマガジン)
ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が「ベースボールマガジン社」の社長からポルシェ・マカンをもらったことを、週刊文春がスクープ。最近めっきりハンカチ王子の話は聞きませんが、現在は北海道日本ハムファイターズの二軍。そこでハンカチ斎藤は「二軍練習場に通うクルマが欲しい」とおねだりしたそう。いや、一軍に上がるための練習に…とか言えなかったのかよ、という声もあるとかないとか。

これは野球協約の利益供与の禁止の規定に触れる可能性もあって、昔は桑田真澄あたりも罰金1000万円の処分を受けた過去もあるらしい。別に犯罪行為を犯したわけではないので世間一般は興味ないと思いますが、球団や出版社の中では大揉めらしい。

追い打ちをかけるように今週号では「車庫飛ばし」の疑惑も報じた週刊文春。しかもハンカチ斎藤は逆ギレしてるとかしてないとか。ただ野球にほとんど興味がないので、何となくハンカチ斎藤が貰ったとされるポルシェ・マカンとはどんなクルマなのか?をまとめてみた。
続きを読む

都知事選 鳥越俊太郎 女性問題まとめ【週刊文春 週刊新潮】

自民党・舛添要一さんの失職に伴う、東京都知事選挙まであと10日。小池百合子と鳥越俊太郎の一騎打ちというウワサですが、そんな中、鳥越俊太郎の女性問題を週刊文春がスクープ。

鳥越俊太郎 女性問題 週刊文春7月28日号
(週刊文春7月28日号 dマガジン)
なんでも15年ほど前にある20歳の女子大生に対してペロンチョしたとかしてないとか。そこで鳥越俊太郎の女性問題をまとめてみました。
続きを読む

【南沙諸島】中国 国際裁判所 惨敗で日本がなぜか大ピンチの理由

7月12日、中国が南シナ海で主張していた領海の範囲(九段線)が国際仲裁裁判所で完全に否定されたらしい。2013年12月にフィリピンが国際海洋法条約に基づいて、オランダ・ハーグで仲裁手続きをしたのが始まり。足掛け2年半ぐらい。

今回の裁定は上訴ができないので、この国際的な司法判断は確定されたカタチ。つまり中国側(台湾含む)は完敗。もちろん法的な拘束力があるので、当事国は今回の決定に従う義務があります(罰則などはありません)。

確かに妥当な判決が出たことでネトウヨやマスコミは大いに騒いでいますが、今回の司法判断は日本にとっても大ダメージとなる可能性が高そうです。続きを読む