ゴシップガガ

芸能人や有名人のスキャンダルを週刊誌情報を元にぶった斬り

2016年11月

防衛大臣・稲田朋美が無能すぎて防衛庁職員が涙目状態らしい

現在の防衛大臣は自民党の稲田朋美。日本の国防を司る省庁。東京都知事に新しく就任した小池百合子が初代の大臣を務めたところでも有名か。稲田朋美といえば保守の政治家としても知られていて、少し前にはクソ寒いクールジャパンの担当大臣でコスプレしてた方。

最近だと民進党の「辻元清美に泣かされていたオバさん」といえば思い出す人もいるか。

稲田朋美が無能すぎて防衛庁職員が涙目 フライデー12月1日号1
(フライデー12月2日号 鬼怒川毅)
それを象徴するように、この稲田朋美がとにかく無能。だから稲田朋美・防衛大臣様を裏方で支える防衛庁の職員がテンヤワンヤらしい。写真を見たら分かりますが、職員たちは資料をズサッと広げてもはや全然裏方ってねー!!(笑)
続きを読む

【朗報】産経新聞、従軍慰安婦に土下座した日韓合意を賞賛する

産経新聞 2016年11月12日2
2016年11月12日付の産経新聞のコラム(産経抄)を読むと、普段は「従軍慰安婦などいなかった」とトンチンカンな主張をしているくせに、まさかの安倍総理が結んだ「日韓合意」について賞賛されていた。

日韓合意と言えば、もちろん2015年末に日本と韓国が結んだ電撃的な合意。日本が韓国の従軍慰安婦の存在を改めて認め、なおかつ見舞金と称して日本から税金10億円を支払うという内容。

普通ならこういう「理不尽」な合意を結んだ安倍総理を批判しても良さそうなもんです。何故なら、産経新聞は現在「歴史戦(笑)」というテーマの記事を書いてる最中。一見すると大げさなタイトルですが、単に「慰安婦はいなかったー」と壊れたレコードのように同じことを繰り返し叫んでるだけ。

いくら地方新聞である産経新聞ごときが頑張った所で何も現実が変わらないことに同情すら禁じ得ないわけですが、それにしても産経新聞は何故日韓合意を賞賛したのか?続きを読む