女優の仲里依紗といえば、いまいち読み方が分からない女優ランキング上位として知られています。正確な読み方は「なか・りいさ」であり、決して「なかざと・いさ」とかではありません。

仲里依紗は現在27歳とそこそこ若いですが、既に俳優・中尾明慶と結婚して3歳か4歳のお子さんがいるらしい。つまりは人妻女優…と表現するといやらしい匂いしかしませんが、いわゆるお母さん・ママさん。おすすめ人気ミニバンランキングという記事も書きましたが、一般的には家庭を持つとミニバンのような車種を購入する方が多い。

仲里依紗 愛車 カマロ フライデー5月26日号
(フライデー5月26日号 島楓太)
ただ仲里依紗の愛車が、まさかのシボレー・カマロ。いわゆるアメ車。しかも、かなりイカついタイプのアメ車。

何と言っても、このカメラマンの構図が最高。カマロの目つきの鋭さと、仲里依紗の目の鋭さが見事に共鳴。もし町中でカマロに乗った仲里依紗を見かけたら、思わず目を逸してしまいそう。隣にメンチ切った中尾明慶が乗ってたらきっとオシッコちびるに違いない。
『くるまン』という自動車ブログを運営してるんですが(「クルマん」じゃないよ)、カマロのようなアメ車を取り上げたことは少ない。だからもし自分が彼氏と置き換えた場合を考えても、彼女がカマロのようなアメ車を乗り回してたら、ちょっと付いていく自信がありません。

車体カラーがイエローってどうなん?と思う人もいそうですが、スポーツカーといえば「イエロー」みたいなところが車好きの中ではあります。だからカマロに乗ってる時点で言うまでもありませんが、仲里依紗はかなりのクルマ好きだとお見受けします。

ただカマロには6000ccエンジンを搭載したグレードもあるんですが、それでも価格は乗り出し価格は600万円するかしないか程度。ベンツあたりの輸入車と比較すると、そこまでお高くはない。一応家計のことは多少考えているのかも知れません(多分)。

おそらく女性がいきなりクルマに詳しくなることは少なく、きっと過去の彼氏の影響があるんだと思います。愛車遍歴はオトコ遍歴を見ることも可能。自分の死んだおじいちゃんが言ってました。

今年2017年後半にはシボレー・カマロの6代目が日本にも上陸するとのこと。仲里依紗が現在所有してる現行カマロより更にイカつく仕上がってる。きっと新型カマロを仲里依紗はいずれ購入するに違いない。ちなみに日本の自動車市場から撤退したのはフォードであり、シボレーは関係ありません。カムバァーーック!フォーード!
【スポンサーリンク】