ゴシップガガ

芸能人や有名人のスキャンダルを週刊誌情報を元にぶった斬り

自民党

【YouTube】自民党・豊田真由子の暴言がヒドすぎるwww【週刊新潮】

埼玉県と言えば、意外と自民党が強い土地柄として知られています。2014年の衆議院選挙では自民党以外が勝利した選挙区はわずか15選挙区中3つのみ。それだけ埼玉県の有権者は自民党に投票してしまってるらしい。

埼玉4区 選挙結果 wikipedia 豊田真由子
(wikipedia)
その中でも埼玉4区は豊田真由子という自民党議員が二回連続で当選中。いわゆる第2次安倍政権が発足して以降に当選した国会議員ということで、豊田真由子は「安倍チルドレン」と呼ばれることもあります。

自民党 豊田真由子 暴言女 週刊新潮 6月29日号
(週刊新潮6月29日号)
ただ、この自民党・豊田真由子が大スキャンダル。最近頑張ってる週刊新潮がスクープしたんですが、豊田真由子が自らの政策秘書に対して散々暴言を吐き捨て、挙句の果てに暴行も働いた疑惑が取り沙汰されてる。

週刊新潮が最初に報じた時、豊田真由子が女性ということもあって「被害者側」なのかと思いきや、実はとんでもない「加害者」だったことに驚きました。そこで今回は週刊新潮さんが報じた豊田真由子の暴言集をまとめてみました。続きを読む

【偽ヤンキー】自民党・義家弘介、国旗国歌否定の過去

最近、安倍政権を苦しめている問題と言えば、加計学園グループの獣医学部問題。お友達である加計学園の総裁・加計孝太郎に対して、安倍晋三が便宜供与を図ったとされる。そこで文部科学省が反旗を翻して、安倍晋三の悪事を暴露したのは記憶に新しいです。

義家弘介 公式サイト
(義家弘介 公式サイト)
そこで文部科学省の副大臣だった自民党・義家弘介(神奈川16区)が「リークしたアホを処分します」と言ったことで更に炎上。公式サイトにある「優しい」という文言が笑ってしまいます。

この義家弘介(神奈川16区)といえば元ヤンキー。『ヤンキー母校に帰る』といったドラマのモチーフとなった存在としても知られています。まさに義家弘介のヤンキー気質が発揮されたとも言える事件。

この義家弘介はやはり安倍晋三と距離が近い自民党議員としても知られており、清和会グループにも入ってる。いわゆる保守政治家と位置付けられており、「日教組は敵」という内容の本を出版するなどいかにもネトウヨなどが好きそうな発言をしがちな自民党政治家。

週刊文春6月29日号2
(週刊文春6月29日号)
ただ実は義家弘介(神奈川16区)はかつて北海道教職員組合に在籍し、そこで「国旗国歌法」に対して反対してた。しかも共産党の機関誌である赤旗のインタビューにも答えて、「一部のおとなの都合で法律を変え、子どもたちの未来をおとなが勝手につくりかえるのは許されない」と痛烈に批判してたwww
続きを読む

第24回参議院選挙 結果一覧 徹底考察まとめ!民進共産の共闘路線はますます進むか?

2016年7月10日に投開票が行われた第24回参議院議員選挙。憲法改正が発議できる3分の2(162議席)に自民公明維新が達成するかと話題になっていました。


2016年 参議院選挙 ギリギリ3分の2に届かず
(NHK)
でもフタを開けてみると、まさかの161議席。「ギリギリ届かず」という結果。に安倍ちゃん涙目www
続きを読む

都知事選 小池百合子の政治資金疑惑が止まらない件【週刊文春】

今月7月31日投開票される東京都知事選挙への出馬をいち早く表明したのが、自民党・小池百合子。でも自民党的には小池百合子は推薦したくないらしい。だから分裂選挙になるというもっぱらのウワサ。

小池百合子 政治資金 週刊文春7月14日号1
(週刊文春7月14日号 dマガジン)
ただ我らが週刊文春によると、小池百合子の「政治と金」を巡る疑惑がまたまた噴出したらしい。続きを読む

【TPP裏金】 江藤拓も西川公也も森山裕も不正献金ゲットだぜー!【また自民党】

週刊朝日7月8日号で自民党農林大臣・森山裕が昨年9月、日本養鶏協会の会長・栗木鋭三から20万円の現金を不正に受け取っていたことが報じられました。他にも宮腰光寛や西川公也も現金を受け取っていた。西川あたりはもはや常習犯でしょう。かつては千振ダム汚職事件で逮捕もされている方。

日本養鶏協会は農林水産省から年間数十億円の補助金を受け取っているので、まさに還流。しかも農水省の幹部は日本養鶏協会にお目付け役として天下り。結果的に、その献金を黙認。

自民党 江藤拓 不正献金疑惑 週刊朝日7月15日号3
(週刊朝日7月15日号 dマガジン)
そして新たに自民党・江藤拓も現金を受け取っていたことが発覚して大問題に。続きを読む

【文春】青山繁晴 古巣の共同記者から「ホラ吹き」とついに暴露され更にピンチへwww【自民党】

去る週刊文春7月7日号。今夏の参院選で自民党から出馬する青山繁晴のスクープがありました。青山繁晴は共同通信記者時代にペルー日本大使公邸占拠事件を取材していたそうですが、そこで1500万円もの取材経費を使用し、そのうち450万円近くを私的流用した疑いで退社に追い込まれたらしいというもの。

本人自体は正当な取材活動だったと抗弁。むしろ共同通信側が取材元を明かしてくれと言われたので幻滅したどうのこうの、と言い訳しているそう。

青山繁晴 青木理 サンデー毎日7月17日号
(サンデー毎日 7月17日号 dマガジン)
ただ同じ共同通信記者だった青木理というフリージャーナリストが、この青山繁晴のことを「ホラ吹き or 詐話師の類い」と強烈にディスっていて笑いました。一体どんなことを暴露しているんでしょうか?
続きを読む